美容を追求するときに必要な基礎化粧品でスキンケアを行なう

三種類の由来

赤い花と小物

幹細胞は幹細胞化粧品以外でも、医療分野で主に注目されている。
幹細胞の特徴といえば、色んな細胞に分裂できるということである。
細胞にはそれぞれの働きがあり、配置されている細胞の情報しかもっていないもの、幹細胞のようにいろんな細胞に分化できるものがある。
幹細胞化粧品はその働きを利用し、肌のいろんな場所に浸透させることで、細胞の新陳代謝が弱まっている場所で効果的に働くのである。
このため、医療分野でもがん治療などに効果があるということで注目されているのである。
そのことから幹細胞を取り出す実験が必要とされている。iPS細胞やES細胞などは画期的な方法で幹細胞を取り出すことに成功した例である。

幹細胞の取り出し方が容易になると、化粧品などのような一般に販売される商品に使うことも簡単になってくる。
化粧品は安定的に生み出される必要があるので、幹細胞化粧品に使われるものは必ずしもヒト由来のものではないこともある。
ヒト由来の幹細胞化粧品以外にも、動物由来のもの、植物由来の幹細胞化粧品がある。
特にヒト線維芽細胞から作られた幹細胞化粧品は、肌にハリを生み出すヒアルロン酸やコラーゲンを作り出すものとして重宝されている。
ヒト由来の細胞から作られた幹細胞化粧品は今の日本ではあまり販売されていないのが現状である。
また、羊の毛根から抽出した幹細胞化粧品もある。
今最も日本で多く販売されている幹細胞化粧品は植物由来のものである。
植物はヒトや動物よりも安定的な供給があり、ベジタリアンやヴィーガンの人も使用可能となっている。